ムダ毛処理を自分でやる時の注意点をおさらい

脱毛サロンにはいっさい通わずに、自分一人でムダ毛処理をしているという人も多いでしょう。その方がお金もかからないし、自分が気になった時にだけ処理すればいいので楽と思う人もいます。確かに、自分で行うムダ毛処理には、それなりにメリットもあります。しかし、ムダ毛の処理を自分で行う時にも注意点があります。特にカミソリを使って処理する時には、皮膚を傷つけないように細心の注意を払わなければなりません。カミソリの刃で傷を作ってしまう人は意外と多いのです。そうすると、せっかくムダ毛を処理する事はできても、傷跡が残ってしまったり、治っても黒ずみになったりシミになったりする場合があります。若い頃はまだ治りも早いですが、年をとっていくと、治癒力も弱くなるので、治りが遅くなってしまったり、跡が残ってしまう場合があるのです。このような事になってしまわないように、カミソリで処理する時には、当たり前ですが、たくさん泡立てて剃るといいのです。特に脚は切ってしまいやすい部分です。たくさん泡立てて剃っていても、弾みで傷つけてしまったり、早く手を動かして雑に剃ってしまいますとすぐに切れてしまいます。また、カミソリが新しく、刃が比較的鋭い時も気を付けましょう。新しいカミソリは性能がいいのでよく剃れるのはいいのですが、その分皮膚を傷つけやすくなります。皮膚を守るためにも、脱毛専用のクリームを塗布して剃るというのもいいでしょう。