MVNOを比較する際に見ておくべきポイント

MVNOとは””Mobile Virtual Network Operator””の略で、日本語では仮想移動体通信事業者と訳されています。携帯電話やPHSなどの移動体通信を実現するための設備を自前で保有せず、他の事業者から借りて一般利用者にサービスを展開するサービス事業です。
MVNOは自前で設備を保有する大手通信事業者と比較して安価で利用することが出来ますが、事業者によってサービス内容が異なったり通信速度が大きく変わる点を意識しておく必要があります。まず見ておくべきポイントとしては、MVNOが第一種事業者なのか第二種事業者なのかです。第一種事業者は移動体通信部分のみを借りますが、第二種事業者は移動体通信部分に加えて有線通信部分も設備を借りてサービス提供を行っています。第一種事業者はもともとインターネットサービスを提供していた企業が多く、設備面で優れている傾向があります。
他に見ておくべきポイントとしては、高速通信ができるクーポン制である場合、そのクーポンの量とクーポンが切れた場合の通信速度がどうなるのか、低速通信で使い放題制である場合は、その通信速度と利用制限値がどこに設定されているかです。本当に必要となった際に使えない状態になっては困りますので、万が一の場合を想定しておくことが必要です。
http://ディセンシア楽天.com/